レフアは東京都 大田区 南久が原にある ヘアメイク&ネイルサロンです

ホームページリニューアルに伴いlehuaブログ、HOWZITでは、髪のお手入れ等、投稿していきます。

2019年6月10日
374 views
約 3 分
ホームページリニューアルに伴いlehuaブログ、HOWZITでは、髪のお手入れ等、投稿していきます。

みなさんお元気ですか?

lehua+o 代表masaです。

今回は、コテ、スタイリングの注意点について投稿します。

スタイリングの悩みの1つは?

朝巻いても昼には取れちゃう…

せっかく巻いた髪の毛を長時間キープするには、どうしたらいいのでしょうか?

なぜアイロンで髪の毛が巻けるのか?

巻き髪はコテで巻くことでカールがついて、柔らかな巻き髪を実現できますよね。でも、「なぜ巻き髪になるのか」を知らない人がほとんどです。

なぜかわからないけど巻くとカールがついている。だから、せっかく巻いたカールが取れてしまっても、なぜかはわからないのです。

実は水分が重要

乾いた髪にカールアイロンでスタイリングすることでカールがつきますが、これは髪の内部に少し水分が残っていることが原因。

この内部に残っている水分がアイロンの熱で蒸発し、固定されることでカールがつくのです。

難しい話はナシにして。

簡単に言うと髪の毛の内部にある結合の問題。その1つ水素結合です。髪は濡れることで水素結合が切断され、乾いたときに再結合します。

ドライヤーで乾かした時にブローでツヤを出したりカールをつけられるのは、そのおかげなんです。

カールが取れちゃう理由は?

せっかく巻いた髪のカールが取れてしまうのは、空気中の水分の影響を髪の毛が受けるからです。湿度が高いと髪の毛が水分を吸ってまた水素結合が切断され、本来の髪の毛に戻ってきます。

逆に空気が乾燥していると、空気中に髪の毛の水分が取られ、結合が減りカールがダレてしまいます。

解決方法は?

では、どうしたら解決できるのでしょう?そんな時は、スタイリング剤をうまく使いましょう!

「水と油が混ざらない」という特徴を利用して、なるべく水の混ざってないスタイリング剤を使用します。

夏場や冬場は空気中の乾燥や湿気によってダレやすいカールになります。

だから水の混ざっていない【オイル】や【ヘアバーム】のようなスタイリング剤がとても有効なのです。

つける時は髪の多い部分から

手ぐしをいれるようにつけましょう。

手ぐしを通して全体にスタイリング剤をなじませます

すこし手を揺らしながら満遍なく4.5回手ぐしを通したら

最後に毛先をもみこんで

完成です。オイルでベタベタするのが気になる人は少しづつ。

スタイリング剤の量は?

髪の毛の量や太さで変えましょう。髪の毛がしっかりしていて太さや量がある方はバームを多めにして、細くてボリュームが出づらい方はオイルを使ってみてください。

最後に…

コテを使ったスタイリングは柔らかさが出て、少し巻くだけでも圧倒的に簡単に可愛くなったり上品にヘアスタイルを仕上げてくれるアイテムです。スタイリング剤と合わせて使うことでより、コテのスタイリングの幅をもたせてくれます。でも、正しく使えなければせっかくのアイテムもただ髪の毛を痛めてしまうものになってしまいます。正しく使って毎日をハッピーに過ごしましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlehuaをフォローしよう!

About The Author

lehua代表Masa
東京都出身

Comment On Facebook