lehua+0 hair make&nail

シャンプーの仕方

369 views
約 3 分
シャンプーの仕方

頭皮は汗・皮脂の分泌が盛んなため、毎日洗う必要があります。

優しく洗ってしっかりとすすぎましょう。 お湯(シャワー)で十分に洗い流します まず、髪を十分にお湯(シャワー)で流します。多くの汚れはお湯でとれます。 十分にお湯で汚れを流しておくことによって、少量のシャンプーで洗髪することができます。

シャンプーを手のひらにとり、十分に泡立てます

お湯洗いで落ちなかった皮脂や整髪料の汚れをシャンプーで落とします。 シャンプーを手のひらにとり(500円玉程度)、良く泡立てます。 洗顔ネット、泡だてポンプなどを使ってよりきめ細かい泡にすると良いでしょう。

地肌をマッサージするように洗います

皮脂や整髪料の汚れが強いときはすぐに泡が無くなってしまいますので、一度洗い流したあと再度同じように泡立てて洗ってください。 髪の毛は泡でなでるように優しく洗います 髪の内側に指を通して、毛先に向かって滑らせるようにシャンプーの泡を移動させます。

髪の汚れは泡のチカラで十分です。

髪をこすったりすることは髪を傷めます。 シャンプーをよく洗い流します シャンプーが髪や頭皮に残らないように、しっかりと洗い流します。 どんなに優しいシャンプーでも、頭皮や髪に残してしまうと頭皮トラブルの原因になりますので、シャンプーが残らないように、すすぎは丁寧に。

トリートメントを塗布します

一般的に、髪の傷んだ部分に栄養を与えるものです。 髪に行き渡らせ、特に毛先に十分揉みこんでください。 その後に、洗い流してください。特に髪の生え際にはつかないように心掛けて、もしついてしまったら残らないように、きちんとすすぎましょう。

髪と地肌をしっかり乾かします

タオルで髪を挟むように優しく水分をとります。次にドライヤーで適度に乾かします。頭皮がいつまでも濡れている状態にしていると、地肌が蒸れてかゆみ、フケ、トラブルのもとになりますので、地肌は素早くドライヤーで乾かしてください。 毛先にダメージがある方は洗い流さないトリートメントを濡れている時につけると、潤いを閉じ込めて、乾く速度をコントロール出来るため有効でしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でlehuaをフォローしよう!

About The Author

lehua代表Masa
東京都出身

Comment On Facebook